墨田区江東橋の眼科|錦糸町テルミナかわもと眼科

MENU
お問い合わせ Tel.03-6659-5723

〒130-0022
東京都墨田区江東橋3-14-5 テルミナ4階

目の疾患

あ行

遠視

近視は、網膜より手前で焦点が合ってしまい、近くは見えますが遠くはぼやけてしまいます。遠視は、網膜の後ろで焦点が合ってしまい、近くも遠くもぼやけてしまいます。乱視は、水晶体が原因の場合もありますが、多くの場合、角膜の形状がひずんでいるためはっきりと焦点が合いません。また、乱視は近視や遠視の目にも起こります。

【関連する項目】

か行

角膜潰瘍

角膜(黒目の部分)の障害は、けがなどの外傷や、コンタクトレンズの不適切な使用、細菌やウイルスの感染、ドライアイによる乾燥、その他さまざまな原因でおこります。目の痛み、充血、目やにや涙、視力低下などをおこします。角膜混濁を起こして、治療後も視力障害が残ってしまうと、角膜移植が必要になる場合もありますので、早期の治療が大切です。

角膜の障害(角膜潰瘍・角膜びらん・角膜炎)

角膜(黒目の部分)の障害は、けがなどの外傷や、コンタクトレンズの不適切な使用、細菌やウイルスの感染、ドライアイによる乾燥、その他さまざまな原因でおこります。目の痛み、充血、目やにや涙、視力低下などをおこします。角膜混濁を起こして、治療後も視力障害が残ってしまうと、角膜移植が必要になる場合もありますので、早期の治療が大切です。

花粉症

花粉症ってどんな病気?

花粉症とは、花粉によるアレルギー反応のことで、症状は主に目と鼻に現れます。免疫という防御機能が花粉(アレルゲン)に対して過剰に働き、花粉症の症状が出ます。
花粉が飛ぶ時期は、2月から4月にかけてのスギ花粉が多く、全体の80%を占めています。

どんな症状が出るの?

一般的な症状
目のかゆみ・充血・涙目・異物感などがあり、目の周りやまぶたがはれることもあります。目以外の症状として、くしゃみ・鼻汁・頭痛・咳などがあります。

こんな症状も?
上記の症状の他に、食欲不振・不眠・イライラ感・倦怠感・集中力低下などの精神神経症が出てくることもあります。

どんな治療をするの?

眼鏡やマスクの着用が大切です。
目を洗うと傷をつけてしまう恐れがあるため、人口涙液等の点眼が有効。
花粉が大量に飛ぶ日は洗濯物を部屋に干す。
外から帰宅した際は衣服についた花粉を十分落としてからお家に入る。

加齢黄斑変性

年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積してきます。それにより直接あるいは間接的に黄斑部が障害される病気が加齢黄斑変性です。

■加齢黄斑変性の分類
加齢黄斑変性には大きく分けると萎縮型と滲出型のふたつの種類があります。萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していく病気です。
滲出型は異常な血管が脈絡膜から網膜色素上皮の下あるいは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される病気です。異常な血管は正常の血管と異なり血液の成分を漏出させたり、血管が破れたりします。血液成分が漏出すると網膜が腫れたり、網膜下に液体が溜まります。そのために網膜が正しく働かなくなり視力が低下します。血管が破れると出血となり網膜を障害します。
当院では、OCT(光干渉断層計)およびFAF(眼底自発蛍光)による精密検査・治療を施行しています。
FAFにより、アレルギーショックのリスクなどのある造影剤を用いることなく、加齢黄斑変性の診断を行うことができ、有用です。
※FAF(眼底自発蛍光)とは…網膜色素上皮細胞が健康な状態を知る上で有用な画像となる可能性を有しています。

■加齢黄斑変性の症状
1)変視症
網膜の腫れや網膜の下に液体が溜まると網膜がゆがみます。ゆがんだフィルムで写すとゆがんで写るように、ゆがんだ網膜で見るとものがゆがんで見えます。黄斑部は障害されますが、周辺部は障害されていませんので、中心部はゆがんで見えますが、周辺部は正しく見えます。

イメージ

2)視力低下、中心暗点
さらに黄斑部の網膜が障害されると、真ん中が見えなくなり(中心暗点)、視力が低下します。視力低下が進行すると運転免許の更新や字を読んだりすることができなくなります。通常、視力低下は徐々に進行し、治療をしなければ多くの患者さまで視力が0.1以下になります。網膜下に大きな出血が起こると突然、著しい視力低下が起こることがあります。萎縮型と滲出型を比べると、滲出型のほうが進行が早く、視力悪化も重症なことが多いです。

イメージ

3)色覚異常
症状が進んでくると色が分からなくなってきます。

眼瞼炎

まぶたや目の周りの皮膚が腫れて赤くなったり、ただれてかゆくなったり、かさぶたなどを生じたりします。

【関連する項目】

眼精疲労

眼精疲労とは、視作業(目を使う仕事)を続けることにより、眼痛・目のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に改善していない状態をいいます。

■眼精疲労の原因
目になんらかの問題があって発生することが多いのは言うまでもありませんが、その多くは度の合わない眼鏡を使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行った場合などです。緑内障や白内障でも眼精疲労が出現することがあり注意が必要です。特にパソコンなどを使用する機会(VDT作業)が増えたため、これが原因の眼精疲労が増えています。
その他、全身疾患に伴うもの・心因性のもの・環境によるものなど、眼精疲労をもたらす要因は非常に多岐にわたっています。

急性緑内障発作

ものを見るとき、外から目の中に入ってきた画像情報は、視神経を通って脳に送られています。そして、脳がその画像情報を組み立てて認識することにより、私たちはものが見えたと感じるのです。緑内障では、その情報を伝達している視神経に異常が起こるため、目からの情報を正しく伝えられず、視力や視野に障害がおこります。緑内障のなかでも急激に眼圧が上昇し、目の充血や痛みや、頭痛、吐き気など激しい症状を起こすものを急性緑内障発作とよびます。急性緑内障発作では、発症から時間がたつほど視力、視野が失われてしまうため、すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

近視

近視は、網膜より手前で焦点が合ってしまい、近くは見えますが遠くはぼやけてしまいます。遠視は、網膜の後ろで焦点が合ってしまい、近くも遠くもぼやけてしまいます。乱視は、水晶体が原因の場合もありますが、多くの場合、角膜の形状がひずんでいるためはっきりと焦点が合いません。また、乱視は近視や遠視の目にも起こります。

【関連する項目】

結膜炎

おもな結膜炎の種類

■ウイルス性結膜炎(はやり目)
ウイルスが原因です。激しい充血と目やに、痛み、涙が出るなどの症状があります。他人にうつさないように、手はきれいに洗う、目を触らない、タオルは家族と別にする、幼稚園・学校や仕事は休むなどの対策が必要です。抗生剤やステロイドの点眼で治療します。10日~2週間程度で急速に改善していきますが、角膜の点状混濁や偽膜といった合併症には注意が必要です。偽膜が生じた場合には取り除く処理をしないとその後の結膜の癒着を起こすことがあります。

■細菌性結膜炎
ぶどう球菌などの細菌が原因です。抗生剤の点眼で治療します。

■アトピー性角結膜炎
アトピー性皮膚炎に合併して起こる慢性角結膜炎です。目のかゆみ、充血、目やにといった症状はアレルギー性結膜炎と同様ですが、角膜にも炎症をおこしたり、白内障や緑内障、網膜剥離を合併して重度の視力低下をおこすことがありますので、要注意です。

■アレルギー性結膜炎
花粉、ハウスダスト、コンタクトレンズ等、目にとって異物が原因で発症します。原因を避け、点眼薬で治療します。

■乾性角結膜炎
乾燥が原因でおこる結膜、角膜の障害です。人工涙液やムチン製剤の点眼、ヒアルロン酸の点眼治療、点眼のみでは改善しないときは涙点プラグの挿入を行います。

結膜下出血

結膜下の細い血管が破れて出血したものです。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。人に指摘されて気付くことも多いです。 まれに全身性疾患に伴う場合があり、医師にご相談ください。

さ行

霰粒腫

まぶたに脂肪のようなものが腫瘤となってたまってしまい、しこりができたものです。さらに細菌感染を伴う場合は、赤くなり、痛みがでます。これを急性霰粒腫と呼んでいます。治療は、抗生物質の点眼や内服で、切開することもあります。

視神経炎

視神経炎は、視神経(網膜に映った物の形や色、光などの情報を脳神経細胞に伝達する神経)が障害される病気です。視神経の炎症によるものを視神経炎、炎症性でないものを視神経症と区別します。急激に視力が低下し、視野の真ん中の、見ようとするものが見えにくくなる中心暗点が起こります。

【関連する項目】

弱視

眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても、視力がでない目のことを言います。裸眼視力が、0.1であっても眼鏡などで矯正して1.0の視力がでれば、弱視ではありません。弱視治療は低年齢であるほど、良い結果が期待できます。

【関連する項目】

た行

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症ってどんな病気?

初期は自覚症状が乏しいため、気がつかないうちに病気が進行してしまい、ある日突然、眼底に大出血や網膜剥離を起こして、失明の危機にさらされることがあります。網膜症の早期発見・早期治療が何より大切です。糖尿病と診断されたら、眼科での定期的な網膜症のチェックを受けてください。
糖尿病では、網膜症や網膜剥離や緑内障のみでなく、白内障、外眼筋麻痺、角膜障害などさまざまな眼疾患が発現します。

なぜ糖尿病網膜症になるの?

糖尿病で高血糖状態が続くと、血管に多くの負担がかかり、血液の流れが悪くなってきます。糖尿病になると、目や腎臓に障害が起こりやすい理由は、目や腎臓には細い血管がたくさんあるためです。
網膜には、目に酸素を運ぶための細い血管がたくさん走っていますが、血液の流れが悪くなると、網膜が酸素不足となるために、血管がもろくなり、血管壁から血液中の成分が漏れ出したり、血管が破れて出血したりします。
さらに進行すると、広い範囲で血管が詰まり、異常な血管が発生するなどの変化も起こってきます。このような血管の異常によって、網膜にさまざまな障害が起こります。

どんな治療をするの? その1

網膜症が軽い段階であれば、次のような治療で、進行を抑えることができます。

血糖コントロール
食事療法、運動療法、薬物療法などにより、血糖値をコントロールすることで病変の悪化を防ぐことができます。

光凝固(レーザー治療)
網膜の虚血部分へレーザー光を照射し、熱で凝固します。これによって酸素の必要量が減り、異常な血管(新生血管)の出現を防ぐことができます。外来で受けることができ、何回かに分けて1,000カ所以上凝固します。

抗VEGF療法(硝子体注射)
糖尿病による視力低下の原因である黄班浮腫に対して、進行予防・浮腫の改善をいたします。
当院では、レーザー治療および硝子体注射(抗VEGF療法)による治療も可能です。

どんな治療をするの? その2

症状が進行してしまった場合は、手術が必要になります。

硝子体手術
硝子体(眼球内のゼリー状の組織)の大出血や網膜剥離によって低下した視力を少しでも改善させるため、または維持するために行います。
この治療法のおかげで、高い確率で網膜剥離も治療することができるようになりました。しかし、眼球内のさまざまな組織を修復する複雑な手術なので、手術が成功しても視力改善は不十分なことがあります。硝子体手術は、特殊な機器が必要です。そのため、すべての医療機関で行えるというわけではありません。
早い段階で網膜症を発見できれば、治療の作用も上がります。糖尿病網膜症では、早期発見・早期治療が何よりも大切です。

ドライアイ

涙の量が減ったり成分が変化すると、目を守るバリアとしての働きが不十分になり、角膜や結膜が乾燥して傷つきます。それにより、目がしょぼしょぼする、目が乾いてごろごろする、充血する、目が疲れるといった症状が出てきます。

【関連する項目】

は行

白内障

白内障ってどんな病気?

ピントを合わせるためのレンズである水晶体が濁り、視界がかすんだり光のまぶしさが増すなどの症状が出てきます。原因としては加齢が多く、早い人では40歳位から発症することもあります。水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいきます。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?

視界がかすんだり光をいつも以上に眩しく感じたら診察の合図。すぐに診察を受けるようにしましょう。早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

どんな治療をするの?

白内障が進行し、視力の低下が著しい場合の有効な治療法は手術です。一般的な手術の方法は、水晶体超音波乳化吸引術および眼内レンズ挿入術といい、特殊な超音波の器械で濁った水晶体を細かく砕きながら吸い出したあと、眼内レンズという小さなプラスチックのレンズを埋め込みます。

飛蚊症

飛蚊症って何?

ある日突然に、あるいは、いつの間にか目の前に蚊やゴミのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたりする病気です。飛蚊症は、あらゆる年齢層に起こりますが、高齢の方ほど、特に近視の人ほど多く見られます。原因としては、加齢による生理的なもの以外に、眼内の炎症・出血・網膜剥離等があります。このような症状がでたら、早めに眼科医院の診療を受けてください。

どんな検査をするの?

網膜・硝子体の状態を観察するため、眼底検査を行います。すみずみまで観察するため、瞳を大きくする目薬(散瞳剤)を用います。検査後はしばらくの間、ものが見えづらくなりますので車や自転車での来院は控えてください。

VDT症候群

VDT症候群って何?

VDTとはビジュアル・ディスプレイ・ターミナルのことで、VDT症候群とはコンピューターやテレビ画面、携帯電話の液晶画面などのディスプレイを集中して長時間見続けることで発症する、疲れ目や身体の不調のことをいいます。近年、このVDT症候群で、目の不調を感じる人が増えています。

要因と対策は?

VDT症候群の要因はさまざまであり、いくつかの要因が複合的に絡み合って発症します。その要因として多いのはドライアイです。長時間集中してPCモニターを見続けると、まばたきの回数が減り、目が乾燥することによって、非常に疲れやすくなります。
パソコンのモニターを目線の高さに置いているかたは、目が乾きやすく、疲れやすくなりますので要注意です。モニターの位置はなるべく低くして、目線を下げることによって、涙液の蒸発を抑えることができます。
また、眼鏡の度数は本来年齢や仕事の内容に応じて正しい度数を決めることが重要です。しかし、多くの人は遠くがよく見えるように度数を合わせがちです。30代後半以降はピントをあわせる力(調節力)が低下しますので、遠くの見え方を優先した眼鏡では、デスクワーク時に疲れてしまいます。生活環境や仕事内容、年齢に応じた正しい視力矯正をすることが大切です。

不同視

不同視は、左右の視力、例えば右の視力が1.0で、左の視力が0.1というように、両目の屈折度数に大きな差があることをいいます。

【関連する項目】

ぶどう膜炎

眼球は、3層の膜でつくられていますが、真ん中の膜がぶどうの色、形をしているためにぶどう膜と呼ばれています。ぶどう膜は、虹彩、毛様体、脈絡膜と呼ばれる部分からなり、そこにおきる炎症がぶどう膜炎です。目が赤い、痛い、まぶしい、涙がでる、見えづらい、かすんで見えるといった症状が出ます。ぶどう膜炎には重症のものも多く、失明する可能性もあるので、これらの症状がでたらすぐに眼科を受診してください。

ま行

網膜剥離

網膜剥離の多くは、網膜に穴ができてしまい(網膜裂孔)、そこから網膜がはがれてしまうものです。網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。また、目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。網膜剥離の範囲が広がると、視野の欠損や、急激な視力低下、失明にいたることもあります。
当院では、初期の網膜剥離に対しては、レーザー治療により進行を防止する治療を行います。

【関連する項目】

ものもらい[麦粒腫]

まぶたが赤くはれ、痛みがあり、原因は細菌感染です。抗生物質の点眼や内服で治療します。切開して膿を出すこともあります。

ら行

乱視

近視は、網膜より手前で焦点が合ってしまい、近くは見えますが遠くはぼやけてしまいます。遠視は、網膜の後ろで焦点が合ってしまい、近くも遠くもぼやけてしまいます。乱視は、水晶体が原因の場合もありますが、多くの場合、角膜の形状がひずんでいるためはっきりと焦点が合いません。また、乱視は近視や遠視の目にも起こります。

【関連する項目】

緑内障

緑内障ってどんな病気?

視神経が損傷し、視野が欠けてしまう病気です。白内障と並んで中高年の代表的な目の病気で、大規模な調査では、中高年の20人に1人が緑内障をもっていることが予測されています。(日本緑内障学会 多治見スタディ)自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気付かないあいだに進行していることが多いので、40歳を過ぎたら一度眼科で緑内障のおそれがないか、診察をうけることが大切です。

緑内障ってどうするとなるの?

目の中の房水(目に栄養を運ぶ液体)が排水されにくい、または排水されない状態になり眼球内の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が損傷して発症します。また、眼圧が正常であっても視神経が損傷する正常眼圧緑内障もあります。

どんな症状が出たら診察を受けるべき?

視野欠損、目の痛み、目の疲れ、頭痛や眼球を重く感じたりする場合はすぐに診察を受けてください。

どんな検査をするの?

まず視力、眼圧を測定するとともに眼底検査で詳しい視神経の観察を行います。
また視野検査も必須です。さらに隅角といって、房水の流出路を観察し視神経への影響を調べます。

どんな治療をするの?

失明にもつながる病気であるため、継続的な治療が大切です。
原則的には点眼治療を行い、それでも十分な作用が得られない場合は手術治療を行います。

【関連する項目】

老視[老眼]

老視(老眼)とは、目の老化現象のことです。加齢に伴い、水晶体の弾力性が低下したり、水晶体を支える毛様体筋が衰え、その結果ピントを合わせる調節機能が低下して、近くにピントを合わせにくくなった状態をいいます。近くのものが見えにくくなるので、本や新聞を遠くに離して読んでしまいます。また、読書後に肩こりや疲れ目、頭痛などの症状が出る場合もあります。

【関連する項目】